ホーム > 整形外科
整形外科
整形外科では、肩凝り・腰痛・膝関節痛・骨粗鬆症・四肢外傷・交通外傷頚椎捻挫・骨折・脱臼・捻挫・スポーツ障害・痛みと運動器の障害・五十肩・擦り傷・切り傷など疾患やスポーツ・事故による傷害を扱います。
注射による治療
ヒアルロン酸の関節内注射
加齢などで減少したヒアルロン酸を直接補うことで関節の痛みや炎症を抑えたり、関節の動きを良くし軟骨の摩耗を抑える働きがあります。
骨粗鬆症の注射
骨を丈夫にするとともに、骨粗鬆症による体の痛み・腰痛等を抑える働きがあります。
ブロック注射・トリガーポイント注射
肩凝り・腰痛・膝痛・坐骨神経痛など、痛みに直接作用する働きがあります。
痛みの悪循環を改善することによって、長期的にも症状を改善する効果が期待出来ます。
 
物療機器の説明
治療は下記の物療機器を利用して治療してまいります。
スーパートラック(牽引機)  適応部位 腰・首
牽引することにより患部の周辺部分の筋肉の緊張を和らげ、神経を圧迫している骨の間隔を広げます。
スーパーカイネ(干渉波)  適応部位 腰・肩・四肢等
電気刺激により筋肉の緊張をほぐし、血流を増加させて痛みのもとになる物質の吸収を早めます。
ホットリズミー(ホットパック)  適応部位 膝・腰・肩・首等
温熱と振動により血流を増加させ、疼通物質の吸収を早め筋肉の緊張をほぐします。
アルファービーム(赤外線治療器)
赤外線エネルギーを収束させ、近赤外線のみを取り出し、深い部分の痛みに効果を発揮します。